コンタクトレンズの男性へのプレゼントに! コンタクト便利グッズ 5選

投稿日:

 

  コンタクトレンズをする男性も大変です。目がよければ必要のない手間が毎日毎日・・・。

 それでも、必要な物は仕方がありません!スポーツや仕事などメガネをするよりたしかに楽に暮らせるコンタクトレンズとは仲良く付き合いたいものです。

 というわけで、今回はコンタクトレンズをする男性が喜ぶコンタクト便利グッズのプレゼントをご紹介していきたいと思います。

 コンタクトレンズは、毎日使う物だけに、プレゼントに贈れば毎日使ってもらえ、贈られた側も毎日そのありがたさに感謝すること間違いなしです。

 コンタクトレンズなしでは「めがね、めがね」になってしまう彼氏への誕生日プレゼントや、コンタクトデビューを果たした甥っ子ちゃんへの進学祝いの贈り物などのご参考にしていただけると幸いです!

 

 

夜中でもすぐにメガネを見つけられる! タッチ式ライトめがね台「サンコー USBタッチでライトトレー」

 

 

 コンタクトレンズをしている人が最も弱い時、それは寝起きです。まぁ、眼鏡の人も同じなのですが、起きて最初に手にするのはメガネ。それがないと、一日が始まりません。

 とはいえ、夜や薄暗い早朝ではどこにメガネがあるのか分からなくなると、一日のスタートが台無しです。裏を返せば、その人に敵意を持っている人にとっては、最大のチャンスともいえます。別に裏を返す必要もありませんが。

 そんなコンタクト男子の弱点をカバーしてくれるのが、このタッチセンサー付きLEDライト兼用トレイ台です。

 中央がくぼんだトレイ自体がライトになっていて、トレイの周りの土台ならどこを触ってもライトのオンオフを行うことができます。

 夜に目覚めてトイレに行きたいときは、手を伸ばせばすぐにライトが点灯し、眼鏡のある場所も瞬時に教えてくれるというコンタクト便利グッズです。

 価格は2200円程度。電源はUSBケーブルで確保するので、スマホの充電器と併用できるのも便利なポイントです。コンタクト男子やメガネ男子へのプレゼントに最適なチョイスといえるのではないでしょうか。

 

 そのほかの「夜でもメガネがすぐ探せるグッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

おしゃれにコンタクトレンズを持ち運ぶ! 「LPO62 コンタクトレンズケース」

 

 

 コンタクトをする男性にとって、レンズの予備は毎日持ち歩くもの。どうせ持ち歩くなら、おしゃれに越したことはありません。

 このコンタクトレンズケースは、アメリカのブランド「ブルックスブラザーズ」が送る本革の高級ケースです。  中には、レンズケースと鏡もセットに。長く使い続けるほど味わいが出るだけに、プレゼントに最適ともいえます。

 価格は4000円程度。コンタクトレンズケースは気分によって使い分けたりもしたいところなので、いくつあっても困りません。おしゃれなケースから、かわいいものなど、さまざまなコンタクトレンズケースが発売されているので、ぜひご検討を!

 

 そのほかの「コンタクトレンズをおしゃれに持ち運べるポーチ」を探す場合はこちら↓

 

 

手を使わず、簡単にコンタクトを装着できる! コンタクトレンズ装着具「メディトレック メルル (meruru)」

 

 

 コンタクトレンズをしない人にとって、「手で目を触る」なんて怖くて仕方がありません。たぶん、今コンタクト派の方も昔はそうだったはず。

 まぁ、目はそんなにヤワじゃないのですが、やっぱりスマホを見てもわかりますが、手は脂やらよごれやらがいっぱいついているので、やっぱり目を手で直接触るのはあまりよろしいものではありません。

 そんな手の汚れを心配する男性におすすめしたいのが、この世界初のコンタクト脱着器具「メルル」です。

 特殊な形状をしたピンセットとスティックの2つで構成。まずスティックでレンズをケースから取り出し、それをピンセットの後ろ側にあるラッパ状の部分にくっつけて目に貼り付けます。外すときは、ピンセット部分をコンタクトに当てると吸い付くので、そのまま引っ張りながらつまんで取り外します。

 価格は2000円程度。もともと爪の長い女性がコンタクトレンズを装着しやすいように開発されているのですが、手でやるよりもスピーディーに取り外しができるので、コンタクトをする男性にもおすすめできる逸品です。コンタクトを付ける時に目が充血しやすい人の対策にも最適です。

 

 そのほかの「コンタクトレンズを直接触れずに装着できるグッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

お風呂でコンタクトは外すべき! お風呂用メガネ「EYE LOVE 入浴」

 

 

 コンタクトレンズを装着したまま風呂に入る人は少なくありませんが、厳密にいうと、風呂に入るときはコンタクトを外した方がいいとされています。

 最大の理由は、目の乾燥です。ソフトコンタクトレンズの場合、湿気があるにもかかわらず目はパッサパサに乾燥してしまい、下手をすると外せなくなったり、変形したりというトラブルにもつながってしまいます。

 とはいえ、コンタクトをしないとどこにシャンプーがあるのか分かりませんし、温泉など大きいお風呂では転倒にもつながりかねません。

 そんなコンタクト男子におすすめしたいのが、このお風呂用めがね「アイラブニューヨーク」です。 あえて、ネーミングには触れませんが、レンズに曇り止め加工をほどこしためがねなので、お風呂に入っても、サウナに入っても、眼鏡が曇って面白いことになってしまうのを防いでくれるコンタクト便利グッズです。

 耐熱温度も80度まで対応しているので、サウナに入っても安心。金属製のパーツも使っていないので、錆びる心配もありません。

 価格は3200円程度。これさえあれば、コンタクトなしでも露天風呂で景色を眺めたり、風呂でスマホやテレビを見たりすることができるので、バスタイムが快適になります。世界が広がるコンタクト便利グッズとしてプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。

 

 そのほかの「風呂でもくもらない入浴用メガネ」を探す場合はこちら↓

 

 

コンタクトの目の乾きを思いっきり防ぐ! ドライアイ対策目薬「ロート ドライエイドコンタクトa」

 

 

 「ワンデイ・アキュビュー」でおなじみのジョンソン・エンド・ジョンソンさんによると、コンタクトレンズを着けている人の97%が「目が乾く」と答えているそうです。

 さらにそのうち66%は「コンタクトを着けている時だけ、目が乾く」と。つまり、コンタクトレンズをすると普通より目が乾いてしまうのは間違いなさそうです。

 その原因は、コンタクトにより蒸発が進んでしまうからです。コンタクトでカバーしている分、涙の蒸発は防げるような気もしますが、コンタクトレンズの上に涙が十分広がらないために蒸発を防ぐ力が弱まり、目の乾燥が進んでしまうのだとか。

 「いやいや、原因はどうでもいいんです、目の乾きをなんとかしたいんです」とも思ったりするのですが、そんなコンタクトによる目の乾きに悩む男性におすすめしたいのが、このロートのコンタクトレンズ専用ドライアイ対策目薬「ドライエイド」です。

 目が乾くと、「ああ、もう目に油を塗りたい」と思うこともあるのですが、このドライエイドは普通の目薬の60倍という粘度の薬液を採用。いわば「ドロッドロ」の目薬で、目をドロッとカバーすることで感想を防いでくれる、「これでもか!」のおすすめコンタクト用目薬です。

 価格は1300円程度。どうでもいいのですが、「目薬1滴は何ミリリットルだろう」と思って調べてみると、1滴でだいたい0・05ミリリットルだそうです。

 どうでもいいですが、マメ知識。目が乾燥すると、仕事も勉強も集中できなくなるから厄介です。コンタクトをする男性へのちょっとしたプレゼントとして喜んでもらえる可能性が高い贈り物だと言えるのではないでしょうか。

 

 そのほかの「コンタクトレンズのドライアイ専用のよく効く目薬」を探す場合はこちら↓

Copyright© 男の雑貨屋 〜男性に喜ばれるプレゼント選び〜 , 2018 All Rights Reserved.