雪対策の新常識! 雪かきを楽にする便利グッズ 6選

投稿日:

 

 昔ほどではないとはいえ、全国各地で大雪に見舞われる冬が増えてきました。

 いや、温暖化になる前はもっと雪の日は多かったんでしょうね。とはいえ、日頃慣れていないだけに、たまに降る雪には大慌てしてしまうのも仕方がありません。

 今回は、そんな大雪の日に役立つ雪かきを楽にするおすすめの便利グッズをご紹介していきたいと思います。

 一説によると、雪かきで消費するエネルギーは1時間あたり360キロカロリーとも言われます。これって、ほとんどランニングと同じレベルなんです。

 雪かきを始めると、数分で汗がにじんできて、おかしなテンションになってしまうのも納得です。「ランナーズハイ」ならぬ、「雪かきーズハイ」ですね。

 そんな重労働の雪かきを少しでも楽にしてくれる便利グッズはたくさんあります。雪が多い田舎で暮らす両親への誕生日プレゼントや、豪雪地帯へ左遷される彼氏へのプレゼントなどの参考にしていただけると幸いです!

 

 

屋根に上らず、雪を落とせる! 「多機能雪下ろし3点セット」

 

 

 雪国の男性にとって、屋根の雪下ろしは冬の日課です。別に雪を屋根から落とさなくてもいいような気もしますが、雪の塊って、実は凍ると水より重くなるんです。

 そんな塊が3メートルぐらいの高さから地面に落ちたら、危険なんです。それに、どんどん雪が溜まると、屋根だってつぶれかねません。

 そんな屋根の雪かきを楽にしてくれるのが、この雪下ろしセット。長さ4・5メートルの棒の先に雪を引っかけるパーツが3種類セットになっているので、地上からカンタンに屋根の雪を落とすことができます。

 セットになったパーツは、鍬(クワ)のように雪をひっかける物と、屋根から出っ張った雪の塊を切るように落とす「雪庇落とし」、それと、地面の凍った雪を削り落とすヘラの3種類です。

 価格は1万8000円程度。普通の雪下ろしは昔から屋根に上って上から落とすんですが、常識的に考えれば普通、滑りますよね。なので、2015年には年間で23人も雪下ろしなど除雪作業中に亡くなっているんです。

 けがですんだ人も含めると、相当な数の落下事故が発生していると考えてもおかしくありません。

 雪下ろしを楽にする便利グッズとしてだけでなく、大雪での事故を防ぐためにも、おすすめの雪対策グッズといえそうです。

 

 そのほかの「屋根の雪下ろしを楽にする便利グッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

雪国の憧れグッズ! 家庭用電動除雪機「スノーエレファントDX」

 

 

 ハードな雪かきをしたことがある人なら、必ず一度は除雪車を見て思うはずです。「あぁ、うちにもあれが欲しい」って。

 さすがに、あんなブルドーザーのような除雪機は無理ですが、家庭用の除雪機もたくさん登場しているんです。

 中でも、一番おすすめの家庭用除雪機がこのスノーエレファント。ガソリンなどを入れて動かすエンジン式が多い中、この除雪機は家庭用コンセントをつなぐだけで動く電動除雪機。コードも本体だけで20メートルあるので、延長コードを使えば、かなりの範囲をきれいに除雪することができます。

 エンジン式とは違うのでやや非力さはいなめませんが、対応できる雪の深さは30センチ。駐車場から車を出すための除雪なら8分程度で終えられてしまいます。

 価格は4万6000円程度。スコップで雪をどけたり、雪を押しのけたりするのって、本当に体力を使います。ダイエットとして雪かきをしたい男性以外なら、喜ぶこと間違いなしの除雪グッズといえます。

 

 そのほかの「格段に雪かきを楽にする家庭用の除雪機」を探す場合はこちら↓

 

 

雪を融かす対策グッズ! 融雪剤「雪とけるくん」

 

 大雪の時の雪対策にもタイプはいろいろあります。ここまでは除雪グッズを紹介しましたが、これは融雪グッズです。

 この雪とけるくんは名前の通り、マッハで雪を溶かす融雪剤。とはいえ、中身は道路に散布する粉「塩化カルシウム」をコンパクトに撒きやすくしただけの便利グッズです。

 とはいえ、その効果は絶大。とけるくんをかけたところはみるみる雪が消えていき、わざわざ重い雪を動かす必要がなくなります。

 塩化カルシウムで雪が解ける理由は化学の力です。水は0度以下で凍りますが、塩分が混ざって塩水になると、凍るための温度が数度下がるので、雪が水に変わるという仕組みです。

 価格は1キロで1600円程度。除雪にかかる時間や経済性を考えれば、手軽さでいってもおすすめです。たまの大雪なら威力を発揮してくれること間違いなしです。

 

 そのほかの「雪を簡単に溶かせる融雪剤」を探す場合はこちら↓

 

 

溜まった雪を一気に蒸発! 可搬型大型バーナー「ピリオン マンモスバーナー P-100型」

 

 

 大砲のような見た目ですが、これバーナーなんです。灯油を燃料として、前方に2メートルの炎を吹き出すことができ、ある意味、兵器であるともいえます。

 もともとは農家が畑の害虫駆除や病気の予防などに使うための大型バーナーですが、もちろん雪にも効果的です。

 大雪の場合、集めた雪をどうやって処分するのかということも問題となります。除雪した後にも雪が降り続く場合、川などへ雪を捨てるケースが多いのですが、これさえあれば自宅でブワーッと雪を融かし、いくら雪が降り続いても安心です。

 と、ここまで涼しい顔をして紹介してきましたが、わかってます。「誰が買うんだ」と。ちなみに価格は20万円程度。ますます思うことでしょう。「誰が買うんだ」と。

 ちなみにこのガスバーナーで除雪をしたらいいと思う方もいるかもしれません。私も一度、小型のガスバーナーで雪かきを楽にしてやろうと思ってやってみたんです。

 ただ、たしかに雪は解けるんですが、何か、こう・・・思っていたような派手さがなく。たぶん、熱エネルギーが一点に集中しすぎていて、広範囲の雪を融かすには用途が向かないようです。

 その点、雪かきをして積み上げられたような雪ならバーナーで一網打尽にするには最適といえます。シベリアやアラスカに暮らす彼氏への誕生日プレゼントにサプライズとしてオススメします。

 

 そのほかの「雪を熱で融かせるバーナー」を探す場合はこちら↓

 

 

雪かきを楽しくする! 高圧洗浄機「アイリスオーヤマ FBN-606」

 

 

 先ほどはちょっと極端な除雪グッズをご紹介しましたが、本命はこちらです。高圧洗浄機です。

 水道水を使うのですが、強力な水圧にすることで、雪や道路に張り付いた氷までキレイに吹き飛ばすことができる除雪グッズです。

 実際に使ってみると、雪はどんどん流れていき、気持ちいいほど。かけた水が凍って被害が拡大するんじゃないかとも思っていましたが、凍るヒマもないほどの勢いでどんどん雪を消していくので逆に楽しく、私も雪対策グッズとして活用しています。

 価格は1万2000円程度。雪の日以外でも、洗車や家の外壁掃除、風呂掃除(自分もびしょ濡れですが)などに活用できるのでお得感も高い雪対策グッズといえます。

 

 そのほかの「雪を水の力で溶かす高圧洗浄機」を探す場合はこちら↓

 

 

地味だけど、除雪効果絶大! 「融雪散水用ガードホースS」

 

 

 雪が多い地域に住む人にとっては必需品ともいえるのが、この融雪ホースです。地面にへばりつくような平たいホースの途中にたくさんの穴が開いていて、水を通すとそこから水がシャーと噴き出す、ただそれだけの雪対策グッズです。

 とはいえ、効果は絶大で水が流れている間は氷はおろか、雪さえも溜まりません。水道水を使っても少量ずつしか水は出ていないので、家計にもやさしい雪対策グッズといえます。

 価格は10メートルで6600円程度。毎日車を出し入れする車庫の前や、玄関前などに設置しておけば、毎日雪かきをして遅刻を気にする心配もなくなります。

 豪雪地帯へ赴任する彼氏へのクリスマスプレゼントにロマンチックさを除けば最適な贈り物といえるのではないでしょうか。

 

 そのほかの「雪を溶かす散水ホース」を探す場合はこちら↓

Copyright© 男の雑貨屋 〜男性に喜ばれるプレゼント選び〜 , 2018 All Rights Reserved.