理系の男性へのプレゼントに! 理系男性が喜ぶおもしろグッズ 9選

投稿日:

 

 文系の女性からすると、理系の男性の心を掴むのは大変かもしれません。

 一般的に、女性は「情緒的」で男性は「理性的」と言われますが、そんな理性的な男性の中でも、科学的な根拠や理論を重視する理系の男性は一見とっつきにくい印象があります。一般的にですが。

 ただ、理論を重視するだけにいったん理解をしてしまえば、これほど心地の良いおつきあいをする人種もいないといえるのではないでしょうか。

 そんな理系の男性の魅力はなんといっても、好奇心。「そんなこと、どうでもいいでしょう」ということまで気になって仕方ないのが、理系の男性です。

 今回は、そんな好奇心旺盛な理系の男性がもらってうれしいプレゼントのおすすめグッズをご紹介していきたいと思います。

 理系の男性といっても、理工学部にいるけど文学好きの人もいれば、体育会系のスポーツマンだっていますので、特別な人種ではありません。なので、好奇心をくすぐるプレゼントとなれば、多くの男性や女性にも喜ばれること請け合いです。

 研究職の彼氏への誕生日プレゼントや、開発者として活躍する同僚の男性へのちょっとしたプレゼントのご参考にしていただけると幸いです!

 

 

理系男子が絶対に喜ぶ! 通信機能内蔵スマート傘「JONAS OPUSONE SMART UMBRELLA 」

 

 

 理系の男性が喜ぶプレゼントの傾向として挙げられるのは、ハイテク感です。

 最新技術を使った、ちょっと生活を便利にしてくれるグッズは、理系男性でなくても、興味がひかれるのは間違いありません。

 そんな中で、特におすすめしたいのが、このスマート傘。なんと、傘の持ち手にブルートゥース通信ができる装置を内蔵。スマートフォンと連携させることで、さまざまな活用法が広がるハイテク傘です。

 まず目に付くのが、天気予報機能。スマートフォンから天気予報の情報を入手し、その日に雨や雪が降りそうな時は赤いランプが点滅して「ボクを持って行った方がいいよ」とお知らせしてくれます。

 傘といえば、よく置き忘れてなくしてしまうことが多いですが、もしこの傘を置き忘れても、傘が勝手に「置いていかないで」とスマホに通知。なんなら、地図上に居場所まで教えてくれる親切設計です。

 逆にスマホが見つからなくなった時は、傘を左右に振ることで、スマホから音を出すことが可能。スマホも傘も忘れた場合は・・・あきらめましょう。

 もちろん、普通の傘としての機能もちゃんと確保。軽くて折れにくいグラスファイバーの親骨やアルミ製のシャフトで軽量化するなど、普通の傘としても「上(じょう)の下(げ)」クラスの性能を持たせています。

 価格は1万円程度。腕時計やイヤホン、メガネやカメラなどスマホと連携させる便利グッズが理系男性の心をひきつけていますが、新たなスマホ連携の最新グッズとして、入社祝いのプレゼントなどとして喜ばれること間違いなしです。

 

 そのほかの「天気予報もできるスマートアンブレラ」を探す場合はこちら↓

 

 

天候に合わせて姿が変わる自然のインテリア! ストームグラス「テンポドロップ ミニ (Tempo Drop mini)」

 

 

 理系の男性にとって、自然の現象は人間より複雑で、それだけ興味深いものと言えます。

 この水滴状のオブジェは、中にクスノキの中に含まれる樟脳などさまざまな物質を溶かしたエタノールが詰められており、天気の変化によって、結晶のでき方が変わり、日々違った表情を見せる自然と連動したインテリアグッズです。

 正式な名称は「ストームグラス」。19世紀にイタリアで開発されたとされ、晴れそうな日はきれいな透明になり、嵐や雪が来そうな時は雪のような結晶をつくることから、航海士が天気を予測するのに使われていた、れっきとした科学グッズです。

 まぁ、実際に気象予測に有効かどうかというのは、かなりあやしかったようですが、インテリアとしての存在感は抜群です。

 木製の台座も付いているので、理系の男性が喜ぶおしゃれなインテリアグッズのプレゼントとしては最強とも言えます。

 価格は高さ11センチの「ミニ」が4200円程度、20センチの「レギュラー」が6000円程度です。普通に置いておくだけの置物なら飽きてしまいますが、結晶が「モッサモッサ」と作られている様子などを見ていると、時間を忘れるほどです。

 リケジョ(理系の女子)へのプレゼントにも喜ばれますし、なんだったら、理系でなくてももらってうれしいプレゼントと言えそうです。

 

 そのほかの「気圧の変化を教えるストームグラス」を探す場合はこちら↓

 

 

最先端科学を使ったハイテクおもちゃ! スマホで動かすラジコン「Sphero (スフィロ) BB-8」

 

 

 理系男性ならずとも、小さな頃にラジコンで遊ばなかった男の子はいないのではないでしょうか。

 私の場合は、普通にミニ四駆や車形のラジコンで、スイッチを入れるとパトライトが出てくる覆面パトカーのラジコンを持っている友人は人気者でした。

 今でもドローンなどが男性を中心に人気を集めているのはその名残りとも言えます。そんな、いつまでもラジコンにとりつかれた男性におすすめしたいのが、この最新の球形ラジコン「BB-8」です。

 BB-8は、スターウォーズの最新作に出てくるロボット。映画を見た人は分かるかもしれませんが、それまで登場してきたキンキラキンの「C3-PO」やゴミ箱状ロボットの「R2-D2」もなかなかの個性を持っていたのですが、それを上回る感情の豊かさ、愛らしさで、一度見たらファンになること間違いなしです。

 一言もしゃべらないのに、主人公が一緒に来てくれないと分かった時のすごくがっかりしたような動きは映画史上に残る名演技といっても過言ではありません。

 そんなBB-8をモデルにしたこのラジコンは、スマホで操作ができます。しかも、普通の車輪が回るようなラジコンと違い、雪だるま型の下の球形部分がクルクルと回って動き回り、頭はちゃんと上についたままという映画同様のクオリティーの高さで、口コミでも大人気のラジコンです。

 スマホで操縦できるだけでなく、音声認識で動かすことも可能。さらに、スマホのAR機能を使い、スマホの画面上でメッセージをホログラム投影しているように見せることもできるという、まさに最新ラジコンです。

 価格は1万6000円程度。たとえ映画を見ていない人でも、一度遊ぶとやみつきになること間違いなしのスピード感も魅力です。研究職の男性にプレゼントをすれば、研究に行き詰まった時の息抜きに最適な贈り物になると言えるのではないでしょうか。

 

 そのほかの「スフェロのおもしろラジコン」を探す場合はこちら↓

 

 

音楽が好きな理系男子に最適! 空中浮遊型スピーカー「Air Speaker2 (エアスピーカー2 )」

 

 

 ご覧の通り、宙に浮くスピーカーです。どうして浮いているかというと、磁石の力。台座に電磁石が搭載されており、電源を接続しておくだけで、スピーカー部分がフワフワと浮き続けるという近未来のスピーカーです。

 インテリアとしてもおしゃれなプレゼントですが、実は空中に浮いていることで、スピーカーの音質面でもプラスがあるんです。

 地面やテーブルに置く普通のスピーカーは、空気を振動さて音を出しているのですが、どうしても置いているテーブルなどに余計な振動が伝わり、音がひずんでしまいます。

 それを防止するためにスピーカー用の振動吸収マットなども販売されているのですが、スピーカーの箱自体で振動するものは抑えられず、開発者の悩みのたねになっていました。

 その点、この空中に浮いているスピーカーなら、振動はスピーカー部分だけで収まるので、共振現象による音の音質の劣化を防止できるというメリットがあります。・・・もともとは「宙に浮いてておしゃれでしょ、このスピーカー」的なノリだったのが、後付け的に「あ、音もいいんじゃね?」と「2」のバージョンになって、音質を重視したそうです。いい加減・・・。

 価格は2万5000円程度。スピーカーとしてだけでなく、インテリアとしてもおしゃれなプレゼントです。オシャレ好きな理系の彼氏への誕生日プレゼントにおすすめです。

 

 そのほかの「変わり種のスピーカー」を探す場合はこちら↓

 

 

宇宙を見れば、自分のちっぽけさに気づく! 自動追尾機能付き天体望遠鏡「ケンコー スカイエクスプローラー SE-AT100N」

 

 

 理系男子といえば、好奇心の塊。謎や不思議が多いほど、興味のボルテージは急上昇します。

 そんな謎だらけの世界と言えば、宇宙。理系の男性へのプレゼントには、天体望遠鏡もおすすめです。

 中でも、このベストセラー機、ケンコーのスカイエクスプロラーは、テーブルの上に乗せられる小型天体望遠鏡ながら、月のクレーターもくっきり見え、土星の輪だって観察することができる優れものです。

 さらにおすすめするポイントは2つあります。一つは、反射式望遠鏡であるという点です。よくイメージする望遠鏡と言えば、細長い筒状の「屈折式望遠鏡」と呼ばれるものですが、この反射式望遠鏡は筒の直径が大きいため、多くの光を集めることができるので、コンパクトにもかかわらず、高性能という魅力があります。

 二つ目は、3万円程度という値段にもかかわらず、自動追尾機能を備えているという点です。見ている星も地球も実はすごいスピードで移動しているため、やっと星を見つけても、すぐに視界から消えてしまいます。そのスピードは地球からの距離に比例するため、木星を追い続けるのは至難の業。その点、この自動追尾機能があれば、電池駆動で星の移動に合わせて微調整を続けてくれるので、楽しく星を観察することができます。

 これだけコンパクトな望遠鏡なら、思い立ったらベランダに持ち運んだり、キャンプグッズの一つとしてもおすすめです。

 星をぼーっと見ているだけで、地球の小ささや自分の小ささに気づかされ、そんな小さな自分の悩みなんて、ミクロの決死圏だと思い至ること請け合いです。ストレスを抱える理系の男性へのプレゼントとして、ぜひ贈っていただきたい理系グッズです!

 

 そのほかの「自動追尾機能付きの天体望遠鏡」を探す場合はこちら↓

 

 

甘い物が好きな理系の男性へのプレゼントに! 惑星型チョコ「ショコラブティック レクラ  惑星の輝き 8個入」

 

 

 脳みそを動かす燃料は糖分です。私も仕事をしていて、チョコレートを食べると、すごく頭の回転が増して仕事がはかどるような気がします。・・・気のせいかもしれませんが。

 理系の男性だって、そんな糖分を欲しているはず。ただ、普通に板チョコをプレゼントしても味気ないので、おすすめしたいのが、この惑星型チョコ「惑星の輝き」です。

 「惑星の輝き」って名前はちょっとダサいですが、表面を惑星の模様型にコーティングしたチョコレートの詰め合わせです。水星ならクリーム色、金星ならちょっと赤め、地球なら水色と、それぞれの惑星の模様をかたどった球形のチョコにしており、それぞれ違う味わいを持たせています。

 価格は3900円程度。チョコ8個で信じられない価格ですが、高級ホテルなどに出店する本格ショコラティエの商品なので、やや納得。また、箱も紙袋も高級感があるので、プレゼントとしてのインパクトはかなりあると言えます。

 世の中には、そのほかにも宇宙や自然をテーマにしたスイーツはたくさんあるので、甘い物が好きな理系の男性へのプレゼントにオススメです。

 

 そのほかの「宇宙をモチーフにしたスイーツ」を探す場合はこちら↓

 

 

とにかく軽く、薄いハイテク時計! 「ベーリング (BERING) Polar Night Cross」

 

 

 腕時計というのはプレゼントに最適だと思うんです。たとえ、お気に入りの時計があったとしても、その日の行動予定に応じて使い分けることができるのが腕時計。用途さえかぶっていなければ、いくつあっても困らないのが腕時計です。

 そんなプレゼントにおすすめの腕時計の中でも、理系の男性におすすめの腕時計が、このベーリングのポーラーナイトクロスです。

 ベーリングは、2010年にデンマークの冒険家が立ち上げた時計メーカー。北欧デザインのシンプルさと最先端素材を融合させた、これから流行りそうなブランド時計です。

 気圧計や高度計などを備えたスントやGショックのほか、アイウォッチなどスマホと連携したスマートウォッチまで登場しているこのご時世に、どうしてベーリングを理系の男性への時計のプレゼントにおすすめするか疑問に思われるかもしれません。

 その最大の理由は、実物を手にとってもらえると分かると思いますが、圧倒的な薄さと軽さがきわめて理系ゴコロをくすぐるんです。

 「ウルトラスリムセラミック」というシリーズは、同社が得意とする超高品質セラミックで、一般的な時計を上回る強度を確保できるので、驚くほどの薄型の時計を作り上げることができるんです。

 しかもデザインのコンセプトは「北極の白夜」。オーロラが今にも出そうな空の雰囲気をイメージした深みのあるデザインは、これまで見たことがないといっても過言ではありません。

 価格は3万円程度。さすがに、ソーラーパネル発電を備えたり、電波時計を備えているわけでもありませんが、重さはわずか70グラムと長時間着けていても腕に負担がほとんどないという点は、合理性を重視する理系の男性がもらってよろこぶプレゼントとなること間違いなしです。

 理系の男性へのプレゼントとしてだけでなく、腕時計好きの男性にもおすすめの贈り物と言えそうです。

 

 そのほかの「ハイテク技術を使った腕時計」を探す場合はこちら↓

 

 

生物の神秘を自宅で堪能できる! 「シーモンキー育成キットBOOK」

 

 

 今の若い方は知らないかもしれません。「シーモンキー」という生き物が、一時期大ブームになったんです。

 シーモンキーとは、和名が「海猿」といい、春の時期になると日本海側で見られる大型ほ乳類の一種です。江戸期には、沿岸部の住民の貴重なタンパク源となり、米と一緒に発酵させた「海猿寿司」や、天日干しした「干し海猿」など保存食として親しまれてきました。2008年に南紀白浜アドベンチャーワールドで飼育されていた最後の一頭「猿浜(エンピン)」が老衰で死亡して絶滅したとされていましたが、2015年にマダガスカル沖で生息しているのが確認され、ロンドン動物園などで繁殖が試みられている希少動物です。

 と、知らない世代に向けてご紹介しましたが、前の段落の話は全部嘘で、本当は「アルテミア」と呼ばれる小型のエビの一種。成長すると体長1センチほどとなり、簡単に飼育できることから、子どもの科学教材として昭和50年代に人気を集めたプランクトンのようなものです。

 このシーモンキー、何がすごいかというと、その生命力です。ヨーロッパやアメリカの塩水湖で繁殖するのですが、産卵した卵はきわめて乾燥に強く、数年間は水なしでも耐えることができ、水をかけると1時間でふ化するという柔軟さが特徴です。

 なので、シーモンキーは熱帯魚のエサなどとして今も大量に輸入され、サンフランシスコでは養殖まで行われているれっきとした産業動物なんです。

 この商品は、シーモンキーの卵と、エサ、海水を作る素と、水槽がセットになっており、届いたらすぐにシーモンキを育てることができるキットです。

 生まれてすぐは1ミリ足らずですが、2週間ほどで体長1センチほどに成長。数ヶ月程度で死んでしまいますが、条件が整えば繁殖させることができるので、一人暮らしで犬や猫を飼えない動物好きの理系男性におすすめのプレゼントです。

 価格は1600円程度。私もびっくりしましたが、これって教育本扱いなので、本屋さんで売っているんですね。理系男性ならずとも、30代、40代の男性なら懐かしいと思うこと請け合いのプレゼントです。

 動物の研究をしてきた理系の男性への誕生日プレゼントにも喜ばれること間違いなしです。

 

 そのほかの「シーモンキーの飼育グッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

22種類の工具を内蔵した男心をくすぐるペン型工具! 「mininch(ミニンチ) ツールペンミニ」

 

 

 理系の男性が喜ぶプレゼントというのは、時として女性にはまったく理解できないものだったりします。

 その代表格の一つが、これでしょう。ミニンチの「ツールペンミニ」です。

 見た目はただのペンですが、実はこれ、工具。サイズの違うプラスやマイナスのドライバーや6角レンチ、4角レンチなど、22種類の精密な工具がセットになり、懐かしいロケット鉛筆のように、後ろからビットを押し込むことで、種類の違うビットを次々と切り替えることができるガジェットなんです。

 「こんな工具の何がいいのか」と思う人もいるかもしれませんが、まず何よりデザインが美しいんです。本体はアルミニウムを削り出し、質感は十分。6角形の本体は工業製品のようなフォルムで、持っているだけで理系男性を幸せにすること間違いなしです。

 理系の男性なら、パソコンを分解したり、自転車を自分で直したり、家具を組み立てたりと、けっこう工具が活用する場面は多いんです。それだけに、このようなスタイリッシュな工具は、喜ばれる可能性が高い贈り物一つと言えます。

 価格は1万4000円程度。職場のペン立てにでも置いておけば、「オフィスのイスの調子が悪い」とか、「メガネのねじが緩んできた」という時にも、スムーズにストレスを解消できるのは、理系ならではの長所です。そのほかにも、同じようにロケットペンシル状にさまざまな大きさのレンチを切り替えられるグッズなどもあるので、セットで贈れば、「おぬし、できるな」となること間違いなしです!

 

 そのほかの「工具の機能を備えたツールペン」を探す場合はこちら↓

Copyright© 男の雑貨屋 〜男性に喜ばれるプレゼント選び〜 , 2018 All Rights Reserved.