ワイシャツのしわを防止する! シャツケースのプレゼント 12選

投稿日:

 

  出張や冠婚葬祭などで移動先でスーツを着なければならない時、意外と気を使うのがワイシャツのしわです。

 スーツなどはガーメントバッグに入れれば問題ないのですが、ワイシャツはシワが付きやすく、折り畳む回数も多いので、出張でもいかにシャツにしわを付けずに持ち運ぶかが重要な問題になってきます。

 今回は、そんな出張などでワイシャツを運ぶ際、シャツのシワを防ぐおすすめのワイシャツケースをご紹介していきたいと思います。

 シャツは折り畳んで、ホテルなどでアイロンを当てればいいと思う方も多いでしょうが、飛行機や新幹線で長時間移動した後、すぐ仕事が待っているケースなどでは、しわをつけずにシャツを持ち運べるグッズは大きな威力を発揮します。

 出張が多い彼氏への誕生日プレゼントや、単身赴任のお父さんへの贈り物などの参考にしていただけると幸いです!

 

最強のワイシャツケースはこれだ! 「solo-tourist (ソロツーリスト) ワイシャツケース YC-16」

 

 

 いきなりですが、もっともおすすめできる最強のワイシャツケースはこの、ソロツーリストです。

 袋状になったケースの中にワイシャツをたたんで入れるタイプなのですが、最大の特徴はプラスチック製の壁が容易されている点です。

 シャツを入れた後、このプラスチックの壁をつくることで、シャツケースの中に空間を作って押しつぶされてシャツにしわができるのを防いでくれます。

 しかも価格は2000円程度と、ワイシャツケースの中でも安いのが魅力です。最大のネックは、シャツが2枚しか入れられないという点ですが、とにかくシャツがしわにならずに持ち運ぶグッズを探している男性にはいちおしの商品です。

 

 そのほかの「ソロツーリストのシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

ベルト装着でシャツの荷崩れを防ぐ! 「トラベルポーチ ボックス型&ポーチ

 

 このワイシャツケースは、スーツケースなどの中で荷物が揺れても、シャツケースの中が影響しないように、ワイシャツにベルトをかけられるタイプの商品です。

 ふた部分には、ネクタイや充電器などを入れられるメッシュのポケットも装着されているので、ネクタイも大切に運ぶことができます。

 また、ケースの中にきれいにシャツを収められるように、折りたたみ方を描いたプラスチックのプレートもセットになっており、このプレートに沿って折りたたむことで、不器用な男性でもしわを抑えてシャツを持ち運ぶことが可能です。

 価格は2300円程度。シャツをしまった後は、まるでバッグのように持ち運べる持ち手も付いているのがおしゃれ。飛行機などに持ち込み用の荷物として手持ちで乗り込めば、飛行機を降りてすぐにパリッとしたシャツに着替えられるので、効率性も抜群です。

 

 そのほかの「シャツを固定できるシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

おしゃれなワイシャツケースはこれ! 「バッグスマート (BAGSMART) Yシャツケース」

 

 こちらのワイシャツケースは、ジッパーなど頑丈にフタをするタイプではなく、風呂敷のようにワイシャツを包み込む形のYシャツケースです。

 固定時にはマジックテープで留めるので、カバンの中で開いてしまう心配もなく、4枚のシャツを入れられる収納力の高さも魅力です。

 また、色もライムグリーンなどおしゃれさにこだわり、表面も撥水素材を使用しているので、浴室などへも持ち込める使い勝手のよさがうりです。

 価格は2300円程度。おしゃれな男性への出張グッズのプレゼントに最適です。

 また、このワイシャツケースや衣類収納ポーチなど3種類のバッグをセットにした出張グッズもあるので、プレゼントに喜ばれること間違いなしです。価格はセットで3500円程度。↓

 

 そのほかの「バッグスマートのシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

大人の男性には落ち着いたシャツケースを! 「LINA GINO (リナジーノ) SHIRT CASE」

 

 

 こちらは上蓋をはねあげ、両サイドのジッパーを開けたスペースにシャツを収納するタイプのシャツケースです。

 正直言って、かなりシャツを上下から圧迫することになるので、中途半端な畳み方では逆にシワが付いてしまう恐れのある商品ですが、キレイにたためさえすれば、スーツケースやバッグの中で、どれだけほかの荷物に圧迫されてもスーツを守ってくれる頑丈さを持っているともいえます。

 価格は3800円程度。見た目が落ち着いているので、大人の男性でも恥ずかしがらずに持てるデザインではないでしょうか。やや重さがあるのが気になる点ですが、大切なシャツをがっちり守りたい男性にはおすすめです。

 

 そのほかの「リナジーノのシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

襟元にこだわるなら、このシャツケースを! 「ワイシャツケース&ネックポーチ」

 

 シャツの命は襟の立ち方だ、という方もいます。そんなこだわり派の男性におすすめしたいのは、このネックポーチ付きシャツケースです。

 ネクタイや靴下などを入れることができる円柱形のネックポーチが付属し、折り畳んでケースに入れたシャツの首部分にカポッとはめることで、襟がつぶれてしまうのを防いでくれるすぐれものです。

 ネックポーチは2個あるので、シャツ2枚を互い違いに入れると、ネックポーチが柱代わりとなってシャツがつぶれされてしわがよるのも防いでくれるので一石二鳥です。

 価格は4200円程度。シャツケースの中の空間を大きく使うので、ケース自体が若干大きな荷物となってしまうのは難点ではありますが、晩さん会に出席するときや、社交界にデビューするときには大活躍すること間違いなしです。・・・たぶん。

 

 そのほかの「ネクタイも収納できるシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

ワイシャツケースなのに、エキスパンダブル(拡張可)! 「スターツ (STARTTS) ハンガーシャツケース」

 

 

 このシャツケースの最大の特徴は、入れるシャツの枚数が多い時は、両サイドのジッパーを開けることで収納スペースを拡張できるというエキスパンダブルな点です。

 使い方としては、長期出張で多めのアイロンがけをしたシャツをこのケースに入れ、旅行先で着終わったシャツは洗濯物用の袋に入れて、残ったきれいなシャツはコンパクトなサイズでまたしわからガードして持ち運ぶということでしょうか。

 はたして、そんな機能を求めている男性が世の中にどれだけいるのか、という問題はありますが、若々しいデザインなので、20代の会社員への出張グッズのプレゼントには最適です。地味に、上部のふたッ部分にはネクタイなど小物を入れる収納ポケットもついているので、実用性は高いシャツケースと言えそうです。価格は1700円程度。

 

 そのほかの「スターツの拡張できるシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

大容量のシャツ7枚を収納可能! 「SmartTravel ワイシャツ ケース 」

 

 

 こちらは風呂敷型のシャツケースですが、一番の特徴は最大で7枚のシャツが入れられる容量の大きさです。

 いや、まあそれだけのシャツケースなのですが、シャツをきれいに畳むためのガイドプレートも付いています。

 これだけ容量が大きいと、女性のスカートにしわが付かないように持ち運ぶスカートケースとしても活躍しそうです。

 価格は2000円程度。長期出張に出る男性への餞別の品や、単身赴任が決まった上司への送別グッズとしておすすめです。

 

 そのほかの「スマートトラベルのたくさん入るシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

カラフルでおしゃれなシャツケースなら、これ! 「innovator(イノベーター) Division Pack Pouch (ディビジョンパックポーチ)」

 

 シャツケースが活躍する時といえば出張などビジネスシーンなので、基本的にシャツケースのデザインは落ち着いたモノが多くなります。

 ですが、少しでも華やかな気分でシャツを収納したいという方におすすめしたいのが、イノベーターのシャツケースです。

 このシャツケースの最大の特徴は約10センチの厚みでしょう。シャツのしわを防止する、という観点からは形を維持する能力はやや劣るのですが、入れ方によって6枚程度はシャツを収納でき、ほかの荷物との擦れなどを防止できる点では便利なグッズと言えます。

 特にカラーがオレンジやライトブルー、ネイビーや黄色など5色展開なので、選択肢が豊富なのも魅力です。

 価格は5300円程度。内部が2つに仕切られているので、着用前のシャツと、着用後のシャツを分けたり、といった使い方も可能です。もちろんシャツ以外にもTシャツやズボン、靴下など使用前後で使い分けられるのが最大の利点なので、シャツケースとは別の出張便利グッズのプレゼントとしてもオススメです。

 

 そのほかの「イノベーターのシャツケース」を探す場合はこちら↓

 

 

ワイシャツのエリの形を完全ガード! 「折り目ピシッと えり正す」

 

 

 ワイシャツの見た目の印象は、襟元で決まるといっても過言ではありません!

 初対面の人と出会ったとき、人間の目線はまず口元あたりを見ると言われており、あごにつながる襟元も第一印象を決める重要なポイントです。

 そんなシャツの襟元をピシッと決めるワイシャツケースが、この「折り目ピシッとえり正す」です。・・・商品名はもうちょっとなんとかならないかと思いますが、エリの保護に特化したシャツケースとして注目に値します。

 使い方は、まず、展開したケースの上部にある「エリ台」にシャツの襟をかぶせます。そこから、本体の折り目に合わせてシャツを折り畳んでいくと、最終的には、厚みのある収納ケースに入れれば完成です。

 正直言って、シャツを着る時というのは、たいがいジャケットも着ているので、胸のあたりさえきれいにしわがなければ、仕事などで問題はないと言えます。

 その意味でも、このように襟をきれいに固めておけるシャツケースは大変便利です。価格は2400円程度。

 シャツ全体を覆うケースが付属していない点はややマイナスですが、ほかのシャツケースと組み合わせることで、よりワイシャツのしわ防止に効果を発揮することは間違いありません!

 

 そのほかの「シャツの襟崩れを防止するグッズ」を探す場合はこちら↓

Copyright© 男の雑貨屋 〜男性に喜ばれるプレゼント選び〜 , 2018 All Rights Reserved.