コーヒーが好きな人へのプレゼント 7選

投稿日:

 

 コーヒーが好きな人は職場でも学校でもすぐ分かります。ただ眠気覚ましに飲む人はインスタントでもいいですが、本当のコーヒー好きにはありまえません。

 それだけにこだわりも強く、愛好家向けのコーヒー用品もたくさん作られているので、プレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。

 今回は、そんなコーヒー好きの男性が喜ぶおすすめプレゼントをご紹介していきたいと思います。

 おいしいコーヒーを求める喫茶店好きの彼氏への誕生日プレゼントや、毎日何杯もコーヒーを飲む上司への転勤祝いの贈り物などのご参考にしていただけると幸いです!

 

 

最高級コーヒー豆に興味がないコーヒー好きはいない! 「コピルアク」

 

 

 コーヒー豆の中でも最高級の豆がこのルアコピクです。

 ジャコウネコが食べたアラビカ種の豆が体内(猫のね)で熟成されて、排出されて、(一応洗って)、乾燥させてできます。

 ジャコウネコはそもそも熟成した豆しか食べないグルメ猫なうえ、体内でたんぱく質の一部が分解され、味はよりまろやかに、香りは芳醇になるとされ、希少性もあいまって、世界最高の豆とされています。

 大量生産できないので、この製品は100グラムでなんと、7500円。

 コーヒー好きは「一度は飲んでみたい」と思うこと間違いなしですが、自分ではなかなか買えません。なので、送別会や昇進祝いなどのプレゼントに最適です。

 さらに、「猫のウ○コ」でできているという話題性もいいネタになり、ジョークプレゼントとしてもぴったりですよね。

 

 そのほかの「最高級の希少なコーヒー豆、コピルアック」を探す場合はこちら↓

 

 

誰もがあこがれるサイフォンドリップ!「HARIO(ハリオ) コーヒーサイフォン モカ MCA-3」

 

 

 実は、一流コーヒー店に勤めるコーヒーマンにとって、サイフォンは「邪道」です。

 なぜなら、サイフォンドリップは、沸点に達した100度以上のお湯で抽出するため、コーヒー豆の成分が酸化しやすいそうです。なので、プロはみなさん細口のポットで抽出しますよね。こんなやつ↓

 

 ですが、サイフォンにも良さはあります。

 その1、コーヒーが上っていく様を見ていて楽しい。

 その2、毎回失敗せずに同じ条件で抽出できるということだそうです。

 それだけ?という気もしますが、自分ではなかなか買わないので、落ち込んだ日なんかに、一人でサイフォンを使えば、気持ちも落ち着くかもしれませんね。8200円。

 

 そのほかの「本格的なコーヒーを楽しめるサイフォン」を探す場合はこちら↓

 

 

水出しコーヒーは自宅でもできる!ウオータードリッパー「HARIO(ハリオ) WDC-6」

 

 

 喫茶店で水出しコーヒー(ウォータードリッパー)を見かけますが、実はお湯による抽出より利点が多いのです。

 その1、熱による化学変化をしないので、苦味や渋さが出過ぎない。

 その2、熱で酸化しないので、常温や冷蔵庫で保存しても味が変化しにくい。

 その3、氷を入れれば、そのままアイスコーヒーとして楽しめる。

 それに、インテリアとしてもおしゃれで、コーヒー好きでも自宅に持っている人はそういません。なので、ちょっと高級な贈り物として検討してみてはいかがでしょうか。2万円。

 高さ45センチのサイズで2~6杯用。1秒に1?1.5滴ずつ落ちるように設定し、3~5時間程度でできあがるそうです。はは。忙しい朝はお湯で飲んでください。

 ただ、抽出したコーヒーは3日程度保存できるそうなので、作り置きもできますね。

 

 そのほかの「自宅で水出しコーヒーが飲めるウォータードリッパー」を探す場合はこちら↓

 

 

究極のコーヒー通への第一歩!自家焙煎器「HARIO(ハリオ) コーヒーロースター レトロ」

 

 

 コーヒーにこだわりを持つ人は多いですが、豆の焙煎にまでこだわる人は相当のコーヒー通です。

 でも、海外には「ロースター(焙煎師)」という職業があるように、おいしいコーヒーをいれるためには、決して無視できないのが豆の焼き具合です。

 一般的に深く熱を加えるとコクが深く、苦味は強くなり、浅めに焼き上げると、酸味が生きた味に仕上がります。最初に強めに焼き、しばらく蒸らして仕上げるなど数百通りの味を探る楽しさも味わえます。

 価格は3万2000円。かなり高級ですが、コーヒーが好きな父親の退職祝いなどにもうってつけではないでしょうか?

 

 そのほかの「コーヒー豆を自分で焙煎できるロースター」を探す場合はこちら↓

 

 

お湯の温度も重要です!お湯専用温度計「ティー&コーヒーサーモメーター」

 

 

 豆や焙煎、お湯の量も大事ですが、お湯の温度も欠かせない要素です。

 適温は85度から90度とされ、熱いお湯をたくさん注いで早く抽出すると、苦味が強めでコクが薄くなるといわれています。

 ちなみにぬるめ(85度程度)でゆっくり抽出すると、コクが強いまろやかな味になるとされています。いろいろ温度を試しながら、自分好みの味を探るのもコーヒーの楽しみ方のひとつといえるかもしれません。

 

 そのほかの「コーヒーを淹れる温度を測る温度計」を探す場合はこちら↓

 

 

ホットコーヒーを素早く冷やしてアイスコーヒーに! 「Hyper Chiller (ハイパーチラー)」

 

 

 コーヒー好きの男性は、冬でも夏でも基本的にホットコーヒーが好きです。

 だって、あったかいコーヒーを飲むと、ほっこりと気が安らぎますし、香りも高くなるので、アイスコーヒーなんて、冷えたご飯並みに関心がありません。

 とはいえ、真夏の暑い日、喫茶店でコーヒーを飲んで頭をすっきりさせたいと思ったら、自然とアイスコーヒーを頼んでいることもあったりします。

 そんなコーヒー好きにオススメしたいプレゼントが、このハイパーチラーです。

 これはカップの中身が3層構造になっており、一番外側と一番内側の水を凍らせて、中間の空間に入れたホットコーヒーを急速に冷やしてアイスコーヒーにしてくれるすぐれものです。

 容量は370mlで、だいたいカップ2杯分。それだけの量を、たったの1分でアイスコーヒーに変える能力は、まさに「ハイパー」です。

 一般的に手軽なアイスコーヒーの作り方として、氷を埋め尽くしたグラスに熱いコーヒーを注いで冷やす方法ですが、これだと氷が溶けてコーヒーが薄まってしまいます。

 その点、このハイパーチラーなら、氷とコーヒーが接触しないので、風味を損なうことなくアイスコーヒーを仕上げることができます。

 価格は5000円程度。仕組みが簡単な割に価格は高いように感じますが、私なんかはアイスコーヒーは「お店で買う物」という印象がありますので、それを自宅で作れるとなれば、かなりの家計節約になると言えます。

 

 そのほかの「ホットコーヒーを急速に冷やしてアイスコーヒーを作れるグッズ」を探す場合はこちら↓

Copyright© 男の雑貨屋 〜男性に喜ばれるプレゼント選び〜 , 2018 All Rights Reserved.