電車通勤の男性に喜ばれる便利グッズ 8選

投稿日:

 

 都会であれ、田舎であれ、通勤に電車を使う会社員にとって、電車の中の時間をいかに有効活用するかは重要な問題です。

 仮に、片道45分の電車通勤なら往復で1時間半、週5日で8時間、一ヶ月で32時間、1年で・・・もう暗算できませんが、積み重ねれば、人生の豊かさに大きく影響するのが通勤時間になるのは間違いなさそうです。

 今回は、電車の中での通勤時間を快適に有効活用できるグッズを紹介していきたいと思います。電車通勤の便利グッズは、ビジネスマンの男性に喜ばれるギフトになるはず。ぜひ、参考にしてください!

 

 

電車通勤のお供に、スマホは必需品です! スマホ落下防止グッズ「SMA-BELT(スマベルト)」

 

 

 電車通勤の時間は、逆に考えれば「一つのことに集中できる」という夢の時間ともなります。特に、通勤時間を充実させるのに欠かせないのはスマホ。スマホさえあれば、電子書籍を読んだり、音楽を聴いたり、インターネットを見たり、動画を見たりと、自宅のリビングとほぼ変わらない過ごし方も可能になります。

 ですが、電車で立っていても、座っていても、けっこう手が疲れるんですよね。スマホを落とさないようにしっかり掴みつつ、画面をタッチするという動作は、スマホが大画面になればなるほど、重みもまして、長時間の通勤ではつらい状態になってしまいます。

 そこでおすすめしたいのが、このスマートフォンの落下防止バンド「スマベルト」です。

 これは、スマホの裏側に両面テープで接着するベルト。合皮製で伸縮するベルトに指を通すことで、スマホをつねに持ち続ける必要がなくなるスマホ便利グッズです。

 実際に使ってみると、その効果は歴然です。本当なら親指の付け根と薬指の第一関節あたりを使ってスマホを支えますが、このベルトがあると、人差し指をベルトに差し込むだけ。

 私の場合は中指と薬指をベルトに通して保持していますが、無理に指を伸ばしてスマホを挟んで握力を使う必要もないので、一度使うと手放せなくなること請け合いです。

 価格は2500円程度。手が楽になるだけでなく、このベルトを使うことで、画面の端まで親指が届きやすくなるのもおすすめする理由の一つ。使わない時はベルトが縮むので出っ張らず、ポケットに入れても邪魔にならないのもうれしいポイントです。

 毎日、電車通勤する彼氏への誕生日プレゼントや、スマホ好きの男性へのちょっとした贈り物におすすめです!

 

 そのほかの「スマホを持ちやすくするグッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

重いかばんを楽に持てるようすにする持ち手 鞄吊り下げ器具「サンコー マジ軽フック MGCHK224」

 

 

 行き帰りの通勤電車で座れるか、座れないかというのは、けっこう重要な問題です。座れなかった場合に一番うっとうしいのは、カバンの重さだったりもします。

 この商品は、手首に巻きつけたフックにカバンをひっかけることで、握力を使わずに手提げカバンを持ち続けることができます。

 重さを手首に分散できるので、手のつかれを軽減できますし、なにより長袖を着ていれば、目立たないのも嬉しいところです。価格は1500円程度。カバンだけでなく、スーパーの買い物袋や、スーツケースなども腕全体で持ち続けることができます。

 

 そのほかの「荷物の重さを軽減するグッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

  通勤電車の音楽鑑賞の質を高める! ノイズキャンセリングイヤホン「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones(QC20)」

 

 

 最高峰のオーディオメーカー、ボーズが開発した主力のノイズキャンセリングヘッドホンです。周囲の騒音を消す能力がもっとも高く、どんなにうるさい電車や飛行機の中でも、アッと驚くほど静かな環境に変えてくれます。

 音楽をかけなくても周囲の音を消してくれるので、家にいるより静かな状態でうたたねも最高です。

 さらに音楽を聞くときも、小さな音量で音の細部まで楽しむことができますので、大音量にすることによる耳への負担も軽減できます。

 価格は3万2000円程度と高価ですが、5000円程度の商品ではまず消音効果が期待できるイヤホンはありませんし、なにより普通の音質が悪くて使い物になりません。さらに、アナウンスや人の声などだけは聞こえるようにする「Awareモード」も搭載しているので、音楽好きのビジネスマンに喜んでもらえることうけあいです!

 

 そのほかの「周りの音を消すノイズキャンセリングイヤホン」を探す場合はこちら↓

 

 

重いハードカバーも軽々。いつでも読書できる! 防水電子書籍「Kobo Aura H2O」

 

 

 通勤の荷物はできるだけ軽くしたいですが、軽量化を図る一番のターゲットは本かもしれません。ハードカバーの本をいれるだけでカバンはけっこういっぱいで、重ければ、700グラムあったりもします。

 その点、電子書籍は基本無制限に本を取り込め、重さはわずか230グラム。画面も6・8インチとスマートフォンで読むよりも大きな画面でページをめくる回数を少なくできて、読み込むスピードを早めることができます。

 さらに、電子書籍はスマートフォンと違って、ブルーライトが出ないので、目の疲れを圧倒的に軽減できるメリットもあります。

 読める本の種類もかなり増え、太宰治や井伏鱒二、カフカや吉川英治、夏目漱石、川端康成など死後50年がたって著作権がフリーになった古典作品のほとんどは無料でダウンロードすることができますので、紙の本をブックオフで買うより、ずっとお得に読書ができます。

 しかも、このKobo Aura H2Oの最大の特徴は完全防水であることです。雨の日に外で読むことはまずありませんが、お風呂で読書する人にも喜ばれるアイテムになること間違いなしです。

 価格は1万9990円。読書好きの男性や、ビジネス書を読まなければ会社員の彼氏、本好きの上司へのプレゼントにも最適です。

 

 そのほかの「電子書籍を読めるブックリーダー」を探す場合はこちら↓

 

 

大人だってゲームで息抜き! 任天堂 ゲーム機「Newニンテンドー3DS LL」

 

 

 あまり電車でゲームをしている人ってすきになれないのですが、あっという間に目的地に到着できる点では、通勤電車での時間のすごし方としては相当上位に位置するのは間違いありません。

 価格は2万6000円。さらにただゲームだけでなく、大人の会社員がもらってうれしいソフトもあります。どれも古いソフトなら、一本500円以下だったりします。何が喜んでもらえるか分からないので、山ほど買って贈れば、うれしさもたぶん倍増!

 

 そのほかの「電車で遊べる携帯型ゲーム機」を探す場合はこちら↓

 

 

電車の中でもウエイトトレーニング! 足首用手首用重り「アディダス アジャスタブル アンクル リスト ウエイト 1kg 」

 

 

 わたしなんかは、電車ではぐっすり寝たい方ですが、体を鍛えるのが好きな男性にとっては、電車通勤の時間は絶好のトレーニングタイムと言っても過言ではありません。ずっとつま先立ちをしたり、つり革を持たない、といったことでも電車トレーニングにはなりますが、さらなる負荷を求めるマッチョマンにはこのプレゼントをおすすめします。

 この商品は、250グラムの重り8個がセットになっており、二つのマジックテープベルトの中に入れることで、負荷を調整することができます。

 足首や手首のどちらにでも装着することができますので、鍛えたい部分を集中的に鍛えることができます。

 価格は4300円。通勤時間だけでなく、仕事中やランニング中にも活用することができますので、筋肉質の男性への贈り物にも最適です。

 

 そのほかの「電車でも使えるトレーニンググッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

  重いバッグは杖で支える! 一脚内蔵バッグ「サンコー マジ軽ノートPCバッグ 」

 

 

 最近のビジネスマンは出先でもパソコンが欠かせませんが、重いのはたまりません。特に電車で座れればいいですが、長時間立ちっ放しではとても疲れますし、網棚に上げるのも落ちることが不安で置きにくかったりもします。

 この商品は、いままでありそうでなかった、というか、いままでなくてもよかったというか、カバンの中に伸縮式の杖を内蔵し、カバン自体を杖で支えて、肩にかかる負担をゼロにしてくれます。

 しかも、杖の先端にはローラーがついていますので、杖を伸ばしたまま移動もらくらくです。  とはいえ、見た目は見るなといっても見られることは間違いありません。価格は4000円程度。普通のカバンではつまらない男性にうってつけです。たぶん。

 

 そのほかの「カバンの重さを軽減するグッズ」を探す場合はこちら↓

 

 

電車通勤をする男性なら、1度は経験がある人生最大の危機! 下痢止め薬「ライオン薬品 ストッパ 下痢止めEX」

 

 

 大人の男性にとって、さまざまな危機が日常には待ち受けていると思うんです。大事な書類をなくしたり、起きたら昼過ぎだったりとか。でも、本当の危機って、「大人になって○○○を漏らしてしまう」ということではないでしょうか。想像しただけで鳥肌が立ちます。

 通勤途中であれ、帰宅途中であれ、取引先に向かう途中であれ、そんな事態が起ころうものなら、人生最大の不覚。もし、知り合いに見られようものなら、今まで築いてきたキャリアや信頼が一気に崩壊する危険性さえはらんでいます。いや、一生「漏れ蔵さん」のあだ名を陰で言われることにもなりかねません。

 社会人で特にそんな危機に見舞われるのは一定時間拘束される電車内ではないでしょうか。私なんて、一度は冷や汗をかいて最寄りの駅で降りてトイレに駆け込んだら、「使用中」で蒼白になったこともあります。

 幸い、車いす用が開いていたので、間一髪、命拾いをしましたが、あのとき空いていなければ、女性用トイレに駆け込んで、なんとか条例違反で逮捕されていたかもしれません。

 そんな電車通勤をする男性を救うグッズとしておすすめしたいのが、ストッパ下痢止め薬です。

 この下痢止め薬のコンセプトは「すぐに下痢を止める」という点です。スピード効果の秘密は、水なしで溶ける点と、腸内で便が動くスピードを落としてくれるという点。私の場合、何度かお世話になりましたが、口に入れた時点で「あ、いけるかも」と思うほどの効果に助けられました。精神的な効果もあるのかもしれませんね。

 価格は24錠入りで1700円程度。もし電車内で下痢に襲われ、しかも取引先とのアポの時間に遅れられない時は、もう人生が終わったと思っても過言ではありません。電車通勤の男性なら、一度は経験のあることなので、プレゼントとしてイチオシとも言えます。

 

 そのほかの「即効性の下痢止め薬」を探す場合はこちら↓

Copyright© 男の雑貨屋 〜男性に喜ばれるプレゼント選び〜 , 2018 All Rights Reserved.